本文へスキップ

東広島の整体院 肩こり、腰痛、頭痛、O脚矯正、骨盤矯正はお任せください

ほぼ毎日営業 完全予約制 ご予約はTEL.082-422-4498

お問い合わせはこちら

東広島の整体の松林庵

頭痛



  頭痛のパターン

   @脈拍性のズッキンズッキンとする頭痛

 これは主に休みの日や寝る前や朝起きたときなど、ストレスから開放されたときによく起こります。

 これはお仕事などでストレスがかかっているときに血管は収縮して、かなり血流が悪くなっているのですが、ストレスから開放されると急激に血管が拡張して血流もとに戻ろうとしてどっと押し寄せます。そのときズキンズキンと脈拍が波を打つような痛みが現れます。

ストレス→血流の悪化→ストレスの解放→血流の急激な増加→頭痛

というメカニズムです。血流が戻っていくときに痛いということで身体の治癒反応といえます。この頭痛は大変辛いのでたまらず頭痛薬を飲むことになります。この頭痛薬ですがどのような作用があるかといいますと、リラックス時でも血管を収縮させるという効果があります。血流が改善されるときにいたいのであれば、血行を改善しないために血管を収縮させておこうという発想です。頭痛薬を常用しますと常に体中の血行が悪くなり身体全体を壊してします恐れがあります。

 さきほど血流が回復するときに頭痛が起こると申しましたが、正確に言いますと、
血流が回復しようともがいているときに頭痛は起こっているのです。さらに言いますと中途半端に血流がよくなっている状態が痛いのです。血流の回復がすんなり行けば頭痛は起こりません。

 そこで松林庵では肩や首や頭の血流がうまくいくように調整していきます。その場で頭痛は改善し、薬で症状を抑えたときのような「ぼんやり感」ではなく今までにない爽快感がえられることと思います。ただお客様の今後のストレスを減らして差し上げることはできませんのでそれが限界といえば限界なのですが・・

   
A締め付けられるような頭痛

 この頭痛は後頭部のあたりに出ることが多いのですが、「こめかみ」や目の奥の方から、いやらしく痛むこともあります。こちらは緊張性頭痛と呼ばれています。つまり筋肉の緊張が引き起こしている頭痛ということになります。先ほどの脈拍性の頭痛とは痛みのメカニズムは違いますが頭痛がひどい人は両方の頭痛を持ち合わせていることが多いようです。さてこの緊張性の頭痛は当然のことながら筋肉の緊張をとってあげればよくなります。実は頭にも筋肉はついていまして、直接、頭のツボなどを押して筋肉の緊張をとっていきますと、いままでヘルメットをつけていたように重かった頭がとても軽くなっていきます。初回から効果が期待できますが数回、継続して整体を受けていただくことで徐々に頭痛の頻度が落ちてくると思われます。


   
 

information店舗情報

真愈整体 松林庵

〒739-0007
広島県東広島市西条土与丸6-1-92KNビル2F
TEL.082-422-4498
営業時間
6:00〜21:00(予約制)
ほぼ毎日営業
→アクセス